Skip to content

コロナ後遺症 自殺者も出る事態に 回復と再発を繰り返す”もぐらたたき”に医療現場が警鐘!?

  • by

後遺症は「もぐら叩き」。
FNNプライムオンライン
東京iCDCの新型コロナウイルス後遺症セミナーには、医療関係者ら約900人が参加した。セミナーの中で、後遺症外来で知られる平畑医院の平畑宏一院長は、倦怠感や気分の落ち込み、思考力の低下など14の後遺症の症状を挙げた。さらに、「いろいろな症状が出たり消えたりするので、”もぐらたたき “と呼ばれています。
(画像)これがコロナの後遺症に「効果絶大」な治療法(4枚)
実際に確認された「後遺症」は以下の通りです。お風呂に入ると1日眠い ●1時間の散歩で3日間ほぼ寝たきりに ●ドライヤーが持てない ●全身が痛いのに検査で異常なし ●3m走ると1週間脚が痛い 3mを少し走っただけで1週間脚が痛くなったというものです。
さらに、近所の買い物などの「軽作業」、パートナーとのケンカによる「ストレス」にも注意が必要だという。走った直後は「無症状」でも、5〜18時間後に「突然のだるさ」が生じることがある。
簡単な散歩」でも不十分
セミナーで平畑院長は、「生活療法は最も重要だが、最も間違えやすい」と警鐘を鳴らした。散歩程度なら大丈夫だろう」と散歩に出かけると、「簡単に寝たきりになってしまう人が多い」(平畠院長)という。
運動や頭脳労働、ストレスの「許容範囲」は患者さんによって違います。それを超えると数日間寝たきりになることもあるが、その許容範囲は患者本人にしか分からない。
そのため、「だるくなったり、疲れたりするようなことはしないでください」と何度も注意し、「じっとしている」のではなく、「動ける範囲で、疲れない程度に」と患者に説明するのだそうです。こうした注意事項は、WHOのリハビリテーションの資料にも記載されているという。
7割が仕事に影響、中には自殺者も
平畑院長が約3,000人の患者を調査したところ、約200人が職を失い、約1,000人が休職に追い込まれ、休職しながら働いている人を含めると、7割近くが仕事に影響が出ているという。平畑監督は、「生活を奪われる病気であることを認識してほしい」と語った。
また、2年半前、冠動脈後症候群と診断された60代の女性が自ら命を絶ったことが明らかになった。疲労感や筋力低下、気分の落ち込みに悩まされた女性は、周囲の無理解に苦しんだという。