Skip to content

タイドラマ「not me」はすごいドラマ!おすすめポイントを紹介!

  • by

GMM2021で発表された作品の中で、個人的に一番楽しみにしていたのが「Not Me」である。
忙しさやジオブログの関係で後回しにしていたのと、周りから高評価を聞いていたので、余計に観るのを躊躇していました。
ようやく今回、見始めました。
ホワイトは、外交官の父を持ち、少年時代にロシアで育ったタイ人。
母国タイに残してきた双子の弟、ブラックがいる。
離婚とその後の海外渡航により、この10年間、兄とは音信不通だった。
しかし、母国タイに戻ったホワイトは体調を崩し、兄の身に何か悪いことが起こったのではないかと疑い始める。
ホワイトは兄の身に何か悪いことが起こったのではないかと疑い始める。
兄の幼なじみのトッドから、兄が危篤状態であることを知らされ、ホワイトは病院に駆けつける。
彼は、病院のベッドに横たわる兄の美しさに心を打たれる(特殊メイクの職人がいい仕事をした、グッジョブ)。
傷心のホワイトは、兄を殴った犯人を探し出し、復讐することを決意する。
トッドからもたらされた情報によると、兄は最近、4人ほどの厄介な仲間とつるんでいるとのこと。
まず、兄として彼らに接触し、手がかりを探す。
そのためには、兄のように完璧でなければならない。
完璧主義者なのか、それとも兄を愛しているのか、気になるところだ。
ICUでまだ状態の悪い兄の体を調べ、刺青など兄の特徴を自分の体に刻み込む。
ブランド物の下着はそのままにしておく。
ホワイトはタクシーで兄の大学へ向かう。
やがて、四天王の一人であるグラムと接触する。
途中、「国のかたち」についての言及があり、このドラマの根底には、政治的なメッセージがあるのかもしれない。
BLというジャンルのサスペンスドラマとしては久しぶり、いや初めてかもしれない。
詳しくは下のページで解説しております。
タイドラマ「not me」の魅力
無料視聴も出来るのでぜひ参考にしてください。