Skip to content

浴びるように飲んでいたビールを減らすことによるダイエット方法について

  • by

人間ドックで体重が76kgを示し、血圧が上が150、下が90となり、腹囲が85cmオーバーしたこと。なにより、持っているスラックスが履けなくなってきたし、ベルトの長さが足りなくなってきた。運動するにしても膝下の関節に負担がかかるようになってきた。
私が実践したダイエット方法は、減酒ダイエットです。まずは浴びるように飲んでいたビールを減らしました。止めるのはできなかったので休前日のみ、基本週2日だけにしました。そのため朝の目覚めがよくなり、早朝に1時間ほどウォーキングをするようになりました。
私が減酒を実践してどうだったかというと、今まで飲みながら食べていたので夕食の時間が長くかかっていましたがすごく短くなりました。飲まない翌日は誰もいない朝焼けを見ながらのウォーキングは楽しみの一つになりました。半年ほどで気づかないうちに10kg体重が落ちていて、その後の人間ドックでは血圧も腹囲も基準内に収まりました。
減酒ダイエットをおすすめしたい人は、普段から運動する人で使ったエネルギーを補うために食事したり、お酒を飲む方です。お酒を飲まない方がお酒を止めるということがないため違うダイエット方法を考える必要があると思います。
今まで飲む習慣が身についていた方にとっては、休肝日を作ることすら難しいと思います。私も最初は辛かったので、仕事が終わってすぐに食事をしてしまうことを実践しました。お腹が落ち着くと、それでお酒はそれほど欲しなくなりました。続けているうちに慣れてくるので、最初が肝心だと思います。
【PR】
太陽光発電を安く設置できる業者を探しているときこの専門記事はとても参考になります。
太陽光発電のすすめ