Skip to content

萩生田政調会長が旧統一教会で「『神の国』発言」報道「政教分離に反する」渦巻く批判の嵐!?

  • by

8月20日放送の「特ダネ」(TBS系)で、自民党政調会長の萩生田光一氏が稲荷昭子氏と東京都八王子市の旧統一教会(世界平和統一家庭連合)関連施設を訪問していたことが新証言で明らかにされた。
萩生田光一のリーゼント番長時代。
 それによると、自民党が野党だった2009年から2012年にかけて、落選した萩生田氏は、旧統一教会の「教会」を頻繁に訪れ、講演会を行っていたという。取材した信者によると、萩生田氏はVIP待遇で「教祖が来たかのような歓迎を受けた」という。
 講演に先立ち、萩生田氏は文鮮明と韓鶴子の写真に敬礼した。そして、「日本の将来がかかっているので、心を込めて自民党を復活させてほしい」「一緒に日本を神国にしていこう」と語った。来日した政治家の演説は録音・録画が禁止されているため、信者のイラストで当時の様子を再現した。
 萩生田氏はこの時期の講演を否定しているが、番組では講演を誘うメールなどの資料も紹介された。
萩生田氏は、「社会的な問題が指摘されている団体に所属していることもさることながら、今回驚いたのは、講演で話した内容です。かつて森喜朗首相が衆議院の解散につながった『神の国発言』を彷彿とさせる。
神の国発言」とは、2000年5月、当時の森首相が神道政治連盟の国会議員懇談会で、日本は「まさに天皇を中心とした神の国」と発言し、野党やマスコミから激しい非難を浴びたことである。6月、森は衆議院を解散した。その後の衆議院選挙では、自民党をはじめとする与党が軒並み議席を減らした。
神の国」発言は天皇制に関連してのものであり、本コメントの趣旨とは異なるが、特定の宗教に影響される形で「神」と政治を結びつけることは、政教分離の原則に反するという指摘はできるだろう。
 萩生田氏の発言や講演は、インターネット上でも批判を浴びている。
《萩生田政調会長が旧統一教会系の団体で講演した際、”みんなで日本を神の国にしよう “と言っていた。これは明らかに “政教分離の原則 “に反しているのではないでしょうか?
《萩生田氏が統一教会の信者で、当選させるために神様のように扱われるのは、神様からのお告げではないでしょうか?カメラ禁止で証拠が残らないのは残念です。
神の国にしよう」=「日本を自民党の隠れ蓑にした旧統一教会の手中に収めよう」なのでしょうか?この問題が提起されていることに対して、政府が徹底的に対応しなければ、国民は納得しないでしょう。
今回は首相本人ではないが、任命責任は首相にある。だから、岸田氏にはこの問題を解決する義務がある。
 政治家にとって言葉は最も重要なものの一つである。萩生田氏の発言に関して、責任ある対応をすることが望まれる。